有限会社ルフト
LUFT CONTENTS
HOME
エアーフィルター
クリーン機器
据付工事
測定
商品在庫情報
会社概要
E-Mail
お見積り、お問合せはお気軽にご連絡ください。
測定

塵埃測定
クリーンルームおよびクリーンブース等の清浄度クラス評価をするために行います。

立上時及びフィルター交換後に多く行います。クラス評価は現在ISOの企画に統一され徐々に浸透していますが、まだ米国連邦企画FS−209Dが評価基準として多く使われているのが現状です。

リーク測定
HEPAフィルター以上の性能を持ったフィルター取付時および交換時に行います。

フィルターメーカーは性能を検査して出荷しますが、ろ材は良くても取付がしっかりしていないとHEPAボックスとフィルターパッキンの接触面からリークする可能性があります。せっかくのHEPAフィルターもリークしていれば意味がありません。そういった事のないようにリーク測定は行われます。(ろ材面、接触面を測定)

温度測定
室内の温度および湿度は均一ではありません。また、時間によって変化していきます。部屋の隅と中心、稼動中の機械の周辺、等は温湿度に変化が生じます。温湿度を管理する必要がある場合エアコンのセンサーではセンサー周辺の温湿度しかわからないため、実際管理が必要な場所の温湿度はわかりません。

温湿度測定は測定したいポイント(多ポイント可能)を測定したい時間だけ測定できます。

風速・風量測定
設計通りの風が出ているか確認するために行います。

風速を計り開口部の面積及び開口率から概算の風量を計算します。設計通りの風量が出ていればOK。出ていなければ風量を調整しなければいけません。任意に風量の調整もできます。
差圧計がない場合風速はフィルター交換の目安にもなります。
トップへ戻る

Copyright(C)2004 LUFT LIMITED COMPANY. All Rights Reserved.

有限会社 ルフト
愛知県名古屋市緑区神沢2丁目839番地
TEL052-878-2311/FAX052-878-7329